地球環境を守るための取り組み

ゴミを出す際の注意

燃えるゴミや、燃えないゴミ、資源ゴミなどと種類があります。
それぞれの地域によって回収する日が異なるので、必ず指定された日に出してください。
また分別することも重要です。
燃えるゴミと燃えないゴミでは処分の方法が変わります。
それぞれを混ぜると、正しく処分できないので有害物質が大量発生してしまうかもしれません。

またペットボトルや、缶などの種類もあります。
それらは、飲み物が入っていることが多いです。
捨てる機会が多いので、街中にもゴミ箱が設置されています。
きちんと分別して、捨てることを心がけてください。
1人1人がゴミの分別を守ることで、有害物質の発生を抑え、地球環境を守れます。
今後も、リサイクル活動に貢献しましょう。

紙製品は資源ゴミ

雑誌や新聞紙、広告などは燃えるゴミに出している人が見られます。
確かに紙製品は燃えますが、資源ゴミに該当します。
分別する時は、間違えないでください。
資源ゴミとして回収されることで、また新しい紙製品に生まれ変わることができます。
すると無駄に森林を、伐採しなくても良くなります。
牛乳パックも紙製品なので、回収を行っています。

スーパーにある回収BOXに、牛乳パックを入れている人も多いでしょう。
その活動を、これからも続けてください。
牛乳パックを回収BOXに投入する際は、洗って乾かしてから、平らになるように解体してください。
また食品トレイも、回収ボックスがあります。
牛乳パックと同じように、洗って乾かしてから入れましょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c